ぼくの頭のなか、ひとの頭のなか

哲学を少しかじったぼくが、ぼくの頭のなか、ひとの頭のなかを考えたい

考え方

魔法使いの大学教授-勉強が必要な理由-

大学に入ると、ある学年で研究室に所属することがほとんどだと思います。 僕の大学の場合は一年生の時からです。 僕は担当教授が二人いて、授業に真面目に出ているかは置いておいて、かなり尊敬しています。 そこで印象的だったことを書きたいと思います。 …

ただの大学生のクセに、バイト先で僕がうるさい理由

始めに 僕はたくさんバイトしてきました。今もそうかもしれません。 あくまで社会人ではなく、大学生であり、社会人の人がよく言う「バイトに何が分かるんだ。」というのが最もよく当てはまるパターンかもしれませんが、それでもなお僕はバイト先で意見を発…

ベンチャー企業か大手企業か

お久しぶりです。去る6月1日から採用面接が解禁され、周りの人たちに何故か大手かベンチャーか迷ってるという相談を受けます。 それについて書きたいなと思ったので。 なぜみんな大手を目指すのか 大手がいい人はなぜいいのでしょうか。 よく聞くのは周りが…

本屋大賞の本

まさに先週、電車内で、『君の膵臓をたべたい』という本を読んでいる女子高生がいました。本屋に行くたびに平積みにされているし、大好きなMr.childrenが映画の主題歌を歌うので、買って読んでみました。 一応ネタバレはしないので。 本の好み 本題は本屋大…

電車にて。老人様に言われたこと。

僕は毎日学校に行くのにも、アルバイトに行くのにも電車を使います。 そこではさまざまな出来事が起こるわけです。 ほとんどは他人事なので観察しているのですが、自分に降りかかったできごとがあったので、書いておきたいなと思います。 座席問題 基本的に…

ぼくが嫌いな「女子力」

先日ジェンダー論について書いたのですが、その派生と言うべきか、最近耳につく「女子力」について思ったことを書いておきたいと思います。 テレビや街中で 改めてどこでよく「女子力」という言葉を聞くか思い出して見ると、最近はテレビからよく聞くなぁ〜…

男女差別とはージェンダー論ー

大学での所属学科が、人文社会系ということもあり、その専門科目の中にはジェンダー論なるものが存在します。 一言でそれはこうだ!と明言するのは難しいですが、性別による差別に関する学問というものが近いのではないでしょうか。それも社会的な性差に絞っ…