ぼくの頭のなか、ひとの頭のなか

哲学を少しかじったぼくが、ぼくの頭のなか、ひとの頭のなかを考えたい

留学しろとは言うけれど

僕は高校留学をしていたので、大学の後輩や、同期に留学についてよく聞かれます。

最近ではもはやトレンドになっているような気もしています。

なので留学に関してざっくり考えたことを書いてみます。

 

留学の種類

何度も言いますが、僕は高校留学組なので、大学生になってから留学するのは実際どうなのかはわかりません。

でも、両者する人間は見てきているので、違いはわかります。

 

先ず、高校留学生。これは何か目的を持って来るパターンと、そうでないパターンに分かれます。

前者は例えば〜のスポーツがやりたいとかです。

後者は親に来させられるパターン。

 

僕の経験ですが、若いうちはほんと怖いもの知らずで、特に打算的な気持ちもなく、純粋に留学に来ているイメージがあります。

 

次に大学からの留学。これは周りがしているから、学校の決まりだから、就活に有利になりそうなど、もちろん高い志を持っている人もいますが、多くはそのパターンだと思います。

 

留学の価値

例えば僕の親が生まれた、それくらいの時代。

その時に英語が話せるということは、とんでもなく価値のあることで、留学していたとなればちやほやされたことだと思います。

 

だけれど最近そこまでじゃないなぁというのが正直なところです。

確かに珍しいと思います。多言語話せる人間は。

だけれど僕の大学だと、留学経験がなくともそこそこ聞けるし時間をかければ話せる人間がほとんどです。

 

留学で得たものについては後述ですが、留学そのものにもう価値はないんじゃないかなぁと考えています。

 

留学で得られるもの

では留学で得られるものとはなんでしょう。

正直それは人それぞれだと思います。僕はしてよかったと思っています。それはひたすら頑張ることを覚えられたからなのですが、正直そんな経験は日本の高校の部活とか、受験とかでもできますよね。

 

留学の神格化

よく言われるのことといえば、「留学してたんだ〜すごいね!」みたいなことです。

確かに、コミュニケーションとか、そういった面では努力は必要です。そしてそれを成し遂げたら力にはなるでしょう。

だけれど、技術が発達してきて、そのうち同時通訳のツールとかもできるでしょう。そうすれば留学というのは、もう自分を鍛える以外の意味を持たなくなるかもしれません。

つまりは、就職に向けた付加価値等にはなりづらいということですね。

そういった意味で、留学はもはや神的すごいものでもないということです。

 

実際はどんな扱い受けるの?

実際受ける扱いとしては、数パターンあります。

先ず、就職活動では、

  • 「英語話せるんだ〜」「高校時代にその選択をした理由は?」
  • 「実際そこで得たものは何ですか?」
  • 「それまでの自分と留学後の自分を比べてどうですか?」

などです。ご覧の通りほぼ、英語については触れられません。むしろそこで得たものとかを聞かれます。つまり会社的にはそれが大事ということでしょうか。

 

次に、日常生活では、

  • 女の子と飲みにいった時に、帰国子女と言うとちょっと盛り上がる。(帰国子女をベストなタイミングで言う選択が必要)
  • 外国人に道を聞かれてもまぁ困らない。
  • 英語喋ってよと必ず言われる。
  • どうも行っていた国と学校のタイプによってカーストがあるらしい。
  • バイトの面接ではちょい有利かも

とまぁ女の子にチヤホヤされる以外は特にないです!笑

 

カーストについて

ちなみに、先ほど学校の種類によってカーストがあると言いましたが、

どうも現地校に行っている人が強くて、インターナショナルスクールみたいに、日本人と学ぶタイプの学校はあんまりのようです。

そして、単品で行くのか、親とセットなのかも関わってくるみたいですね。

 

ちょっと冷めすぎじゃないの

自分でも留学していたくせに、冷ややかすぎると思います。だけれど、自分を探しにきたり、何かを変えたいと言ったり、わざわざ海外にきてするほどの事でもないと思うんですよね。

なので、留学したい人は、先ず冷静になってほしい。

お金もかかるし、これからの時代、それが一つの価値として効力を発揮するかをしっかり考えたほうがいい。

進んで苦労しておきたい。大変な思いをしたいと言う人は行くべきだと思います。はっきり言って、辛いことしかないです。(僕は能天気なのかほぼ、辛くなかった。)

そのくせ得られるものは苦労に耐えうるメンタルくらいのもんです。他は日本でも身につくんじゃないかな?

 

しかもメンタルを手に入れたからと言って、何も辛くないわけではないんですよね。

種類が違えばそりゃ辛いです。失恋の辛さと、受験に失敗する辛さが違うように。

 

言いたいこと

まぁつまり結論としては、よく考えてと言いたいです。

基本的には自分で考えることなので。ただ留学してこんな風に考えるやつも出てくるのが、留学なんだなぁ〜と思ってください。

大体の人は行って良かったと言うので。僕のは多分少数意見です。