ぼくの頭のなか、ひとの頭のなか

哲学を少しかじったぼくが、ぼくの頭のなか、ひとの頭のなかを考えたい

魔法使いの大学教授-勉強が必要な理由-

大学に入ると、ある学年で研究室に所属することがほとんどだと思います。

僕の大学の場合は一年生の時からです。

僕は担当教授が二人いて、授業に真面目に出ているかは置いておいて、かなり尊敬しています。

そこで印象的だったことを書きたいと思います。

大学っておもしろいところなんだと伝われば。

 

 

僕の今の研究室

僕は今、社会学と、哲学の研究室にいます。

専攻は哲学なので、社会学は趣味程度ですが。

哲学に関しては、大学受験のときに面白いと感じたのが一番の専攻理由です。

社会学は、担当教授の淀みない知識がまるでシャーロックホームズのようであり、そこを一番尊敬しているので、選択しました。

二人とも印象的なのですが、哲学が専攻なので、そちらのことを先ずは書きたいと思います。

 

魔法の研究

実は僕は二年生の後期になるまで、自分の先生の研究内容を(恥ずかしながら)知りませんでした。

新入生に向ける講義に先生が出ると言うのでそれを聞きにいった際、先生が魔法について研究していることを知ったのです。

みなさんは、人を喜ばせることができる魔法を知っていますか?

みなさんは、人を仲間につけることができる魔法を知っていますか?

 

少し考えてから、先に進んでもらえればと思います。

 

 

魔法のこたえ

先生は言いました。人を喜ばせることができる魔法は、「ありがとう。」だと。

人を仲間につけることができる魔法は、「助けてください。」だと。

 

柄にも無くとても感動したのを覚えています。

確かにそうだな、と。

ありがとうを取ってみれば、たった5文字の、音の組み合わせでしかありません。

それなのに、人にたくさんの想いが伝わる素敵な言葉です。

だから僕はとても感動しました。そういう捉え方もあるのかと。

 

人はみんな魔法使いなのですね。

 

先生は言語哲学者だということがこの時にわかりました。

 

人はなぜか他の動物と違い、言葉を操ります。

そしてそれを使って意思伝達をします。犯罪を犯した時ですら、酔っ払ったときですら、人を好きになった時ですら、それを使います。万人に共通なものだからこそ、先生はそれを魔法として捉えているのかもしれません。

 

勉強の必要性

勉強は言葉を使います。

それはつまり魔法の勉強なのです。

過去様々な不思議事象があり、それを人は言葉によって説明してきました。

過去魔法であったことは、今や自然科学、社会科学の一部です。

 

僕の塾で、生徒は正直勉強を楽しんでいません。

勉強が楽しくない学生諸君にこそ読んで欲しい。

言葉は自然に使っているけれども、それは魔法に近いものなのだと。

 

勉強がもっとできればと思ったことがあるでしょう。

それがもっと得意になる魔法があればと思うでしょう。

 

人間はすでに魔法を持っています。たくさん人を動かすことができる、感動させることができるものを。

そいいう自覚を持ってこそ、勉強は楽しく、彩りや実りのあるものになると思います。

 

勉強が嫌いな人は、魔法を捨てているも同然です。

だから戦争や、争いが起こるのかもしれません。

 

僕は新興宗教の人間ではありませんが、言葉の力は信じています。

 

勉強嫌いな諸君が思っているより、世界はカラフルです。

楽しいです。だから勉強をして欲しいと思います。