社会人一年目のペーペーブログ

人々を見ていて思うことを書きます。

大人と子供とそうでない人と〜某アイドルを例に〜

今のとこ2日連続で書けています。

 

まぁそのうちペースは落ちると思いますが笑

 

ところで僕は大学生の時に塾でバイトをしていて、特に最後の年はかなり有意義に過ごせたと思っています。

生徒によくお酒の話をしていたのですが、(授業しろという声が聞こえる。)早く大人になりたいと彼らは言いました。(お酒のプレゼンがうまくいっただけかも、、)

だけど子供でいることの良さもあると思うのです。

 

だからというのもおかしいですが、大人と子供について思うこともあるので書きたいなと思います。

 

 

 

 

 

大人ってなんやねん

中学生くらいの時か、それとも高校生の時か忘れましたが「大人になりなさい。」そう言われたことが幾度かありました。

 

その度大人になるってなんやねん!って思ってた記憶があります。

 

確かに大人になることってわかんないですよね。

子供みたいな大人がいるっていうのは、漠然とわかるし。

逆に大人みたいな子供がいるっていうのもわかる。

(逮捕された某アイドルとか、、)

 

じゃあ子供って何かから考えよう

皆さんは子供ってどんな人だと思いますか?

年齢的なことを言う人ももちろんいるだろうし、振る舞いや態度かもしれない。

 

でも自分より年下で、大人だなって思う人もいると思います。

振る舞いも然りです。

 

僕は正直、「我慢ができない人」が子供だと思います。

(お酒を我慢できない僕は子供です笑)

 

大人とは

この流れから想像できるとは思いますが、大人って「我慢できる人」だと思います。

 

それが比較的年齢に比例したり、振る舞いに現れたりするだけだと思うのであります。

その人がどれだけ我慢しているかは見えないわけですから、端から見て飄々としている人がそれなのかもしれません。

 

見分けるのは難しいかもしれないですね。

 

具体的には何が違うのか

じゃあどういうところが違うのか。

それは人のせいにできるかどうかだと思います。

 

子供のうちは、責任の所在が他にあるのではないでしょうか。

例えば子供がやらかした場合には親が批判をくらいます。

あるいは社会が悪いということでもあると思います。

これはその通りで、我々大人に分類される側がしっかりしなければならない。

こういうことを分からないまま社会に足を突っ込むと、某アイドルのようになるのかなぁと思っています。

 

大人になると、責任は自分で持たなければなりません。

その場合批判されるのは基本的には(親を除いて)自分だけです。

 

某アイドルの場合は、大人と見られる風貌や年齢でありながら、無責任な振る舞いをしたから批判の的になっていると思います。

 

大人になる基準

日本では成人年齢は20歳だと考えられています。選挙以外の多くはその年に解禁されます。

僕は流石に20年も生きれば色々わかるだろうと思うのですが、中には20半ばで子供みたいな人もいます。

 

正直残念でならない。

速い人は10代のうちからそれを心のどこかで理解し始めます。

逃げながら邪に生きる人を見てもったいないと思ってしまいます。

 

その人がどれだけ優しくても、イケメンでも、美人でも、頭が良くても。

 

我慢を覚えるには

僕ももちろん完璧ではありませんが、我慢を覚えるには苦しいことを経験しないといけないと思っています。

人によってはそれが部活だとか、勉強だとか、色々あると思います。

 

そういうのがない人は、大体20過ぎても自分を探しています。

もちろんそうでない人もいますが。そういう人をdisりたいわけでもないです。

 

だけど人はみんな我慢しながら生きています。思い通りになることなんてさらさら無い。それは仕事でもそうでしょう。

 

羨ましく見える人は飄々と我慢している人です。絶対みんなが我慢している。それを分かった時に初めて大人になれるのかなと僕は思います。

 

最後に

こんなことを書いている当の本人は、お酒を我慢できずに飲みながら書いています。笑

説得力あんまないですね笑

 

ただ大人子供っていうのは年齢ではないって話です。

人によります。

大人だなって人に出会った時は、その人が我慢できる人なんだなって思うと見習えるかなって話です。

 

僕は日常でも、職場でも先輩に恵まれています。

 

先生には恵まれていません。

読んで字のごとく、先に生まれただけの人であることが多かったからです。

 

あまり年齢に左右されずにいることが、ある意味若くいられる秘訣かもしれないですね。